FC2ブログ

Life's Too Short エピソード2

11月17日にイギリスのBBCで放送されたLife's Too Shortのエピソード2の動画です。


http://youtu.be/Y6uC83JUku0

ジョニーに関係のあるところだけ、わかる範囲で訳してみました。
あくまでも私の聞き取りによる意訳ですので、ご了承ください。

(2分55秒くらいから)
ワーウィック「他には?仕事は何も入らなかったの?」
秘書「ええ何も…、あー、ジョニー・デップのエージェントから電話がありました。」
ワーウィック「なんだって?(メモを見て)君はこのことを言っているのか?」

ジョニーのエージェント「ジョニーはティム・バートンの映画『ランブルスティルスキン』を作っていて、ジョニーとヘレナ・ボナム・カーターが出演します。ジョニーは、クラッシックなおとぎ話で邪悪なドワーフのランブルスティルスキンを演じることになっています。ジョニーは役の研究のために十分に時間をとる俳優です。彼は小人の研究をするためにあなたに会いたがっています。・・・ジョニーは月曜から金曜までの1週間の仕事で、1日1000ポンド支払うと言っています。」
ワーウィック「5000ポンド?」
ジョニーのエージェント「ええそうです。OKですか?来週の月曜日は空いてますか?」
ワーウィック「ダイアリーを確認します・・・私はすべての予定を合わせました。」
ジョニーのエージェント「グレート。ジョニーは月曜の10時にあなたに会います。」

秘書「オー、私はあなたがジョニー・デップに会うなんて信じられない・・・彼は私のお気に入りの映画スターよ。地球上で最もハンサムなひとだわ、チャレンジャーで、とても才能がある人・・・たぶん、1人の女の子が必要じゃあ、私みたいな・・・」
ワーウィック「たぶん、ないね。」

ワーウィックがジョニーの部屋を訪ねると、
ジョニー「ワォ!パーフェクトだ。いつも普通にやっているように動いてみて。」
ぴょんと椅子に座ったワーウィックを見て大笑い。
ジョニー「彼はリンゴから出てきた幼虫で、初めて世界を見るようだ。」と録音。
ジョニー「君は稲妻に打たれるんだ、稲妻だよ、バン!いい?君はどうする?」
ワーウィック「死ぬよ。」
ジョニー「たぶんそうじゃない、ジェスチャーで見せてよ。」

(稲妻に打たれる演技)

ジョニー「奇妙な赤ちゃんのカラスだ。お母さんに置き去りにされた・・・小さな脚・・・」
いちいち反応するワーウィックに「記録してるんだ。」と言ってにらむ。

ジョニー「ダンスの役だ」と言って、笛を吹いてアイリッシュ・ダンスをさせる。

(必死にダンスを踊るワーウィック)

ソファーにうなだれて、
「ひとつ見なくちゃいけないシーンがあるんだ・・・ランブルスティルスキンが下水道を登って脱出するシーンがあるんだ。」

ワーウィックがトイレに入っているのを見て、
「オー、ボーイ!オー、ゴッド!・・・邪悪なトイレのドワーフ・・・ウーワー、ウーワー、ウーワー、ウゥーワァー・・・どんな感じ?」
ワーウィック「気分悪いね、正直に言うと。」

ジョニー「君にとっての典型的な1日はどんなだい?どうやって過ごしているの?」
ワーウィック「たぶん、あなたと一緒だよ、本当に。演技したり、有名な人たちと仕事したり・・・。」
ジョニー「どんな人と?他のドワーフや小人の仲間かい?」
ワーウィック「ときどきはね、でも今は、友人のリッキー・ジャーヴェイスとスティーブ・マーチンとアニメを創っているんだ。」
ジョニー「リッキー・ジャーヴェイス?・・・君と一緒に行っていい?」
ワーウィック「いいよ、もちろん。」

・・・ということで、リッキーの事務所を訪れることに・・・。

ジョニー「ゴールデン・グローブ賞での彼を覚えているよ。」
リッキー「ハーイ、その後どう?」
ジョニー「元気だよ。おそらく、あんたがこれまで作ったどの映画よりも、多くのお金を稼ぐだろう新しい映画をやっているよ。」
リッキー「いいね。」
ジョニー「あんたはどう?」
リッキー「ちょうど脚本を書いているんだ。自分で脚本を書いて監督するんだ。」
ジョニー「そう、それはすばらしい。あのスピーチはすばらしかったし。・・・僕は今、偉大な監督のティム・バートンと一緒に仕事をしているんだが、知っている?」
リッキー「もちろん。」
ジョニー「彼の映画は素晴らしいよ。僕はとても興味深いキャラクターを演じているんだが、この映画で僕と共演する女優は誰かわかるかい?」
リッキー「ティム・バートンの映画で?」
ジョニー「そう。」
リッキー「ヘレナ・ボナム・カーター?」
ジョニー「どうしてわかった?」
リッキー「悪役のスターだから。」
ジョニー「彼女は、あんたのことをバカだと思っているよ。」
リッキー「すみません、私が何か気に障ることをしましたか?」
ジョニー「ゴールデン・グローブで2億人の前で僕のことをけなしたことを言っているの?」
リッキー「それはだいぶ前のことだし、それはジョークだったんだよ、ジョニー。」
ジョニー「それはすべてジョークだった?あんたはジョークが好きなのかい?」
リッキー「はい。」
ジョニー「よかろう。僕は実際に、賞の後に数人の仲間に会って、あんたに関するいくつかのジョークを書いたよ。僕は、あんたにこれを知っててほしい。そして、あんたの残りの人生においてこれを覚えていてほしい。僕の目の届くところでは、だれもティム・アレンのことをバカにしてはいけない。どういうことか推測しろよ。何も言うな、これらのジョークをあんたの心にとどめておけよ、OK?」

(それからジョニーのジョークが続きます)
「何が、リッキー・ジャーヴェイスのジョークより汚いですか?彼の歯です。」
「なぜ、人々はリッキー・ジャーヴェイスをすぐに嫌いになりますか? それは時間を節約するからです。ハーッハハハ!」
「なぜ、リッキー・ジャーヴェイスは、オーディオ・ブック・シリーズを録音しましたか? それは目の見えない人も彼のことを嫌いになれるように。」
「これは、アンジェリーナからだ。リッキー・ジャーヴェイスへ、私とブラッドはメンタルピースの絵を持つことにしました。子どもたちが非難を浴びないように。」
「なぜ、リッキー・ジャーヴェイスは割礼を施されているのか?それはその***には入口がないからさ。」

ジョニー「最近、ツイッターをやめたんだって?」
リッキー「それは2年前のことだよ。」
ジョニー「ツイッターは140文字しか書けないことを知ってる?」
リッキー「僕は返事を書くときに、140文字以内に制限できないんだよ。さあジョークをどうぞ。」
ジョニー「僕は聞いたよ。あんたは、最近ツイッターをやめた。なぜなら140文字しか書けないから。それは彼が何とか思いついた文字より139文字も多かったからだってね!」

リッキー「グッド・ジョーク!それらのジョークを言うのに『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン3』と同じ位の時間がかかったね。」
ワーウィック「(リッキーに)グッド・ジョーク。」
ジョニー(ワーウィックを指さして)「君、笑ってるね?君はくそ笑いしたな。」
ワーウィック「んんんんん・・・」
ジョニー「でも、パイレーツって聞いただろ?」
ワーウィック「それはいい映画だよ。・・・それは彼(リッキー)が言ったことだよ。」
ジョニー「人々はあの映画が好きだよ。何が悪いの?冗談抜きで話そう。どうしてあんたは映画スターたちにけんかを仕掛けるの?僕が間違ったことをしたかい?僕は人々に楽しみを与えるために一生懸命自分を表現しようとしている。それは罪なことですか?それは罪ですか?まじめな話だよ。」
ジョニーは泣きそうになって、「ノー、もういい、もうたくさんだ。」
と言って立ち上がり、そこにあったごみ箱を思いっきり蹴飛ばします。
それから、テーブルのフルーツのボウルをひっくり返して、部屋を出ていきます。



おとなしく聞いていたリッキーが反撃のジョークを言ったのを、思わず笑ってしまったワーウィックは、なんて運が悪いのでしょう。
ワーウィックの秘書がばかっぽいのも笑えました。

はじめ見たときは、ジョニーちょっとやりすぎじゃないの?とも思いましたが・・・
特に、前半のワーウィックをからかうところは、不快に思った視聴者もいたようです。
VANITY FAIRの時みたいに、小人愛護団体?とかから抗議されなければいいけど・・・
でも、これはリッキー・ジャーヴェイスが考えた脚本だし、そもそもこの番組は、小人のワーウィックの身長をネタにしたきわどいジョークや、気まずいシチュエーションを売りにしている番組なので、大丈夫ですよね。

私たちファンは、ジョニーがそんな人じゃないことを良く知っているから、このダークなジョニーにはむしろ違和感を感じるけど、ジョニーの演技がうまいから、ジョニーのことをよく知らない人が見たら、ジョニーってこんなに意地悪な人だと思われないかな?

LifesTooShort05.jpg
LifesTooShort06.jpg
LifesTooShort07.jpg
LifesTooShort08.jpg
LifesTooShort09.jpg
LifesTooShort10.jpg
LifesTooShort11.jpg
LifesTooShort04.jpgLifesTooShort12.jpg
LifesTooShort13.jpg


リッキー・ジャーヴェイスは、来年のゴールデン・グローブ賞の司会のオファーを受けたようです。

ゴールデン・グローブ賞の司会者に再びリッキー・ジャーヴェイス!昨年のやりすぎた司会でもOK?

ゴールデン・グローブ賞の司会に決まったリッキー・ジャーヴェイス、承諾した理由は批評家をだまらせるため

スポンサーサイト



Posted on 20.2011   comments(0)   trackback(0)
Category :Life's Too Short

『Life's Too Short』のジョニー出演シーン

『Life's Too Short』のジョニー出演のシーン

http://youtu.be/Qx5fDTPdE1A

そのシーンで、デップは、タレント事務所の所長のワーウィック・デイヴィスに紹介された後、ジャーヴェイスとマーチャントに会います。マーチャントに紹介された後にデップはジャーヴェイスを見て、彼の水のグラスにタバコの灰を入れて、彼に対する感情を明らかにします。
デイヴィスに、ジェルヴェに以前に会ったことがあるかどうか尋ねられて、デップは返答します。
「僕は、実際にゴールデン・グローブでの彼を覚えているよ。」
ジャーヴェイスが、その後どうしているかデップに尋ねると、ハリウッドの俳優は返答します。
「僕は元気ですよ。恐らくあなたがかつて作ったどの映画よりもく多くのお金を稼ぐであろう別の映画をやっているよ。あなたはどう?」
ジャーヴェイスは返答します。
「ちょうど脚本を書いているんだ - 自分で脚本を書いて監督しています。」
その後、デップは、ティム・バートンとヘレナ・ボナム・カーターと一緒の次の映画のプロジェクトについてジャーヴェイスに話します。
「彼女(ヘレナ)は、あなたをばかだと思っているよ!」
その後、ジャーヴェイスは、デップに尋ねる前に神経質に笑い始めます。
「すみません、私は何かあなたの気分を害することをしましたか?」
デップは次のように言い返します:
「ゴールデン・グローブで2億人の前で僕のことをけなしたことを言っているの?」
謝罪しようとしないジャーヴェイスは答えました。
「それはだいぶ前のことだし、それはジョークだったんだよ、ジョニー。」
その後、デップは、ゴールデン・グローブ賞でトイ・ストーリー3の俳優ティム・アレンのことをからかったことに触れて、
「私は実際に、賞の後に数人の仲間に会って、あなたに関するいくつかのジョークを書きました。」
「僕は、あなたにこれを知っててほしい。そして、あなたの残りの人生においてこれを覚えていてほしい。僕の目の届くところでは、だれもティム・アレンのことをバカにしてはいけない。」

source:Daily Mail
translated by Yumi


日本語の記事はこちら→Walker Plus

プロモーションの写真
クリックすると大きくなります
LifesTooShort01.jpg
LifesTooShort02.jpg
LifesTooShort03.jpg

TV&Satellite Magzineに掲載された写真
TVSatelliteMag2.jpgTVSatelliteMag3.jpg
source:Johnny Depp Zone

ジョニーが持ってるのはバナナ?
TVSatelliteMag4.jpg

行きすぎたジョークで物議をかもしたゴールデン・グローブ賞でのリッキーのオープニング・モノローグ

http://youtu.be/K256zYBqugg

この時はジョニーはガムを噛みながら苦笑いをしていましたが、Life's Too Shortではリッキーの方がタジタジでおもしろいですね。
こんな風にジョークをジョークで仕返し出来る関係っていいですね。

Posted on 02.2011   comments(0)   trackback(0)
Category :Life's Too Short

「Life's Too Short」のファーストクリップ

リッキー・ジャーヴェイスのインタビューで「Life's Too Short」に出演したジョニーが笑っているシーンが観れます。(3:43~)


http://youtu.be/joAiDyHBLE0

BBCのYouTubeより

http://youtu.be/wKNJ0f4SK4E

LifesTooShort_01.jpg
LifesTooShort_02.jpg
LifesTooShort_03.jpg


「Life's Too Short」はのリッキー・ジャーヴェイス、スティーヴン・マーチャントがクリエイターを務めるシットコム。小人専門のタレント事務所を経営するエゴイスティックな小人を主人公にしたコメディで、映画「ハリー・ポッター」シリーズのフィリウス・フリットウィック教授役で有名なワーウィック・デイヴィスが主演を務めている。

リッキー・ジャーヴェイスのブログに掲載されたジョニーの写真

tsott_020811_1.jpg
tsott_290711_1.jpg
tsott_280711_1.jpg
tsott_010811_2.jpg

ヘレナ・ボナム・カーターも出演したようです。
tsott_180811_3.jpg

ジョニー楽しそうですね。
このTV番組はイギリスのBBCとアメリカのHBOで放送されます。
日本でも放送してくれないかな?

Posted on 22.2011   comments(0)   trackback(0)
Category :Life's Too Short
 

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

ブログ内の記事を検索します

ジョニー関連リンク

プロフィール

*ゆみ*

Author:*ゆみ*
ジョニー・デップに夢中な主婦です。
ジョニーに関することを中心に書いてます。

記事を気に入っていただけたら、コメントいただけるとうれしいです♪

海外の記事は原文を忠実に翻訳するようにしていますが、translated by Yumiとなっているものは自己流に翻訳したものですので引用はご遠慮ください。

リンク&トラックバックはフリーです。私のブログや記事をご紹介いただいた場合はコメントまたはメールフォームよりご報告をお願いします。

メールフォーム

メールフォームからいただいたメールは公表されませんので、お気軽にご感想をお寄せくださいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

アクセスカウンター

全記事表示リンク

楽天



ウェザーニュース

今日の天気は?

星座占い